アロマテラピーの奥深さ

アロマテラピーは花や葉・木・果実・種子などから抽出したエッセンシャルオイル(精油)を使用して、心と体に働きかけて、健やかに・自然治癒力を高める香りの療法です。

では、そのエッセンシャルは私達の心と体にどのように作用するのでしょうか。

作用する経路は大きく分けて2つあります。

 

1つは、嗅覚から脳に伝わる経路です。

 

空気中に蒸発したエッセンシャルオイルの香りの分子が、

鼻の奥の嗅覚細胞に届き、その刺激が電気信号に変えられて大脳辺縁系に送られ「香り」と認識されます。

 

大脳辺縁系にある扁桃体や海馬は記憶や感情に関係しています。

この「香り」の信号は間脳・脳下垂体に伝わります。

間脳の視床と視床下部は自律神経内分泌系の中枢として働いていて、体温・睡眠・消化などの調節をします。

また、脳下垂体も、内分泌系を調節するホルモンを分泌します。

 

このように、香りは感覚として認識されるだけでなく、

体の生理機能をコントロールしている部分に深く関係しています。

 

もう1つは血液循環によって全身に伝わる経路です。

 

アロマオイルトリートメントのようにエッセンシャルオイルが配合されたオイルトリートメントによって皮膚から吸収した精油成分は皮膚の中の末梢血管に入ります。

そして、血管に入った精油成分が血液循環によって全身を巡り、

細胞に働きかけます

 

また、鼻から入った精油成分の一部は鼻の粘膜から血管に入ります。

肺から入った精油成分は肺胞から血管に入ります。

 

アロマって奥深いですね。

私も初めてテキストでこの仕組みを学んだ時、

「へぇ!×10」でした。byトリビアの泉^-^*

 

心と体に働きかけるアロマテラピー

ご自宅でもアロマポットやアロマバス、アロマキャンドルなどで日々の生活の中に気軽にアロマを取り入れてみて下さい^-^*