経絡、経穴とは

東洋医学では経絡は私達の体の胃・肺などの臓器を循環し、巡る

「気・エネルギー」の通り道で胃経・肺経など合わせて12の経絡があります。

 

といっても、私達は日頃経絡を意識することはほとんどないです。

ところが、内臓に不調をきたした時にこの経絡にサインを発しているのです。その時にサインが強く出るのが経穴(ツボ)です。

 

経穴は私達の体に360余りあると言われ、

これらをそれぞれつなぎ配列されたものが経絡です。

サインはその内臓に関する経絡上の経穴に違和感として現れます。押すと何だか痛かったり、こわばっていたり。

 

自然環境や感情など外的・内的な影響により順応できない時に心身は乱れます。

これは経絡のエネルギー循環を滞らせて、

内臓の不調をはじめ風邪をひいたり、気持ちが不安定になったりと、

心身の不調につながります。

 

体内のエネルギー循環が滞りなく、

体の中から元気な、心身共に健やかな毎日を過ごして行きたいですね。