信じがたい光景

3月11日の東北地方太平洋沖地震。
被災された皆様・ご家族の皆様にお見舞い申し上げます。
テレビをつけたあの時の映像が脳裏に焼きついて離れません。
言葉にするのが難しいのですが、少しずつ一歩一歩復興へ向けて安心できる暮らしができるようにと祈るばかりです。
我が家でもできることからと、コンビニやショッピングセンターでの募金・節電。
地元コマツドームでも救援物資を受け付けていると新聞で読み、
羽毛の毛布を届けに行きました。
全国・国境を超えて各国が団結して
支援・応援している姿を目にして勇気付けられます。
被災地の方々の「生活」「心」が少しずつ元気になる事を祈っています。